白ロム総合情報

白ロムに関する各種情報やニュースなどお届け

マーク スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マーク 最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年度冬春モデル編):第 3回 キーの反応速度は? 11機種を動画でチェック!

キーを押してから反応するまでの速度も、ケータイの満足度を大きく左右する。
キーの反応速度は店頭などで実機を触れば分かるが、手軽に確認できるとは言い難い。
ドコモ端末レビューの第3回では、キーレスポンスの動画を掲載したので、“もっさり”か“さくさく”かの指標を計る参考にしてほしい。
いずれの機種も (1)待受画面からメインメニューの表示 (2)メインメニューでのカーソル移動 (3)待受画面の設定 (4)メールを起動して「お世話になっております」と入力 という4ステップを試した。

どの機種もおおむね満足のいく速度だったが、特にFの4機種とPの2機種が速いと感じた。
これら6機種は、待受画面からのメニュー呼び出しと、操作画面から待受画面への移動が比較的スムーズだった。
一方、「N-01B」と「N-02B」は、待受画面からのメニュー呼び出しと、操作画面から待受画面への移動がわずかに遅い印象。
ACCESS Linux Platformを搭載した影響かは分からないが、待受画面への移動が、2009年夏モデルの「N-06A」や「N-08A」より遅くなっていると感じた。


実際動画でみてみるとよくわかります。
気になる方は要チェックです。

⇒ 携帯サービス人気ランキング
スポンサーサイト
[ 2010/04/20 ] 携帯ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

管理人のしじみです。
白ロム(中古携帯)の最新情報やおすすめ商品など幅広くご紹介してまいります。

しじみ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。